婚活サイト(結婚紹介所)でのプロフィールの書き方 1

profile-write

婚活サイトで女性のプロフィールを見ていると、「こういう書き方は印象が良くないなぁ」というのをしばしば見かけます。

そのため、まず婚活サイトや結婚紹介所でプロフィールを記入するときに「それをやっては男性にとって印象がよくない」というのをここでいくつか挙げておきましょう。

・趣味欄に「あたりさわりのないこと」しか書かない

たとえば趣味は「買い物」「掃除」「映画鑑賞」「音楽鑑賞」「洗濯」といったほとんど誰だでもやるような内容ばかりずらずら書いてある人をときどき見かけますが、たとえそれが本当だとしても、あまり印象はよくありません。少しは個性的な内容があるといいでしょう。
たとえば「スキューバーダイビング」とか「ギター」「ヨガ」など。

もちろん、わけのわからないマイナーな趣味ばかり羅列するのは論外です。たとえば「爬虫類の飼育」「マニキュアコレクション」「パワーストーン安売り店探し」など。

大事なのは普通のありきたりな趣味(映画鑑賞、音楽鑑賞など)をいくつかあげて、それにプラスして男性に魅力的に映る個性的な趣味を入れることです。

それは、安心感と特別感の両方を演出するためです。多くの男性は、普通の人(安心感)でありながら、自分の世界を持っている(特別感)という女性に魅力を感じるのです。

なぜ、「あたりさわりのこと」しか書いているとよくないかというと、もしそのような状況であるなら男性は共通の話題を作り出しづらくなるからです。また、魅力や憧れも感じません。。

 なかには「この人、人生を生きていて何を楽しんでるの?」とさえ思う男性もいるでしょう。

 よって、他に何か大きな魅力でもない限り除外候補に入りやすくなります。

個性的で魅力的な趣味(一部の人しかやってないけど楽しそうな趣味)があれば、それを通して男性は話題が作りやすくなりますよね?また、「どんな人なんだろう?」という魅力を感じることにもつながります。

洗濯や買い物の話をしたところで、すぐに話題のネタが切れてしまいまうのがオチでしょう。映画鑑賞や音楽鑑賞についてはマイナスではありませんが、「誰だってやっている趣味」なので、それを超えたキラリと光る趣味があるほうが良いです。(※映画マニアで誰よりも詳しい or 映画の世界とリアルでつながっているとかなら別ですが・・)

ありきたりな趣味をいくつか書くのは良いことですが、そればかりであれば、男性からすると、「特別感」や「新しい世界への憧れ」などをあまり感じさせないのです。

スキューバーダイビングやギターとかなれば、一部の人しかやってないので、それを通して話題を作りやすくなるのです。個人的にはテニスなど印象が良いです。

それでは、「自分には特に個性的な趣味はない」という女性はどうすれば良いのでしょうか?

その答えは、「それなら魅力的な趣味を実際に作ってしまおう!」というのが正解です。「婚活で成功させるためには趣味を新しく作るくらいへっちゃらだわ」と思えるならその気持ちは本物です^^

 今日から何か女性として男ウケする趣味をひとつ始めてみてはいかがでしょうか?「異性にモテたいからその趣味を始めるなんて・・」というのはナンセンス。そんなことはいちいち他人に表明しなくても良いのです。そして、そこまでしてでも婚活で成功したいという熱意がやがて良い男性をひきつけるのです。

もし、あなたが男性受けする新しい魅力的な趣味を始めたなら、プロフィール欄だけにとどまらず、実際に人間的にも魅力が増し、結果的に良き相手を見つけられやすくなるのではないでしょうか。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年11月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:結婚

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ