好きな男性から誘われやすくする方法 3

お見合い系では出会ったその日が勝負かもしれませんが、そうではない普通の出会いで、好きな男性がいる場合、日を改めて繰り返しサインを出すことが効果的です。

「男性は好きになった女性であれば必ずアプローチしてくる」

と思うのは早計です。

よく婚活サイトなどで、「男性が好きならアプローチしてくるはず」という意見を見ますが、それはケースバイケースです。

男性のアプローチするタイミングはその性格にもより、以下のように多くの可能性が考えられます。

・どんな女性だろうが可能性さえあればいつだってアプローチする(ナンパ師的なアプローチ)

・好きな女性に限ってはいついかなるときであろうと余裕でアプローチする(女性慣れ、または図々しい人)

・一番好きな女性には必ずアプローチする。二番目以降に好きな女性には、相手のサインを確信したり、誘いやすい状況であればアプローチする(場合分け派)

・好きな女性にはタイミングを見計らってアプローチする(誠実な男性に多い傾向)

・好きな女性には重箱の隅をつつくように慎重になって、相手のサインを何度か確信して万全な体制をとってからアプローチする(慎重派)

このように、女性の様子をうかがってアプローチする男性もいますので、以下のような状況が可能性のひとつとして考えられます。

ある男性の心の中では・・・

1日目「あの子、なんか好感もてていいな」
     ↓ 
2日目「あれ?あの子ひょっとして俺に好意があるのかな~?どうなんだろう?」
     ↓
3日目「ん?これは誘ってみる価値ありかな?いや、もう少し様子を見てみよう。断られても困るし。。」
     ↓
4日目「よし、これはもう当たってみるしかない!」
     ↓
5日目「ねぇ~今度良かったら・・・」

このように、男性側としてもいろいろと女性にアプローチするまでプロセスを経ることが多いのです。
(ナンパ師はプロセスを経ずにいきなりアプローチですが・・・)

そこで、女性側としては、このプロセスをできるだけスムーズにするように”さりげなく”誘導することが重要です。

魅力的な男性のまわりには素敵な女性が何人もいるケースが多いので、あなたが何かサインを出さないと、”たくさんいる素敵な女性”の域を出ないことがあるのです。

ただし、繰り返しになりますが、あまりに”好き好きオーラ”を出しすぎていると、相手がひいてしまいますので、

「よくわからないけど、ひょっとして俺のことを好きなのかな~?どうなんだろう?」

程度に相手に好きであるサインを送ることがポイントです。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ